The Institute of Electrical Engineers of Japan
電気学会東京支部 群馬支所
last update 2018.1.5

平成29年度栃木・群馬支所合同研究発表会案内
平成29年度ワークショップ案内
平成29年度見学会案内
平成29年度講演会案内

群馬支所概要

平成29年度の栃木・群馬支所合同研究発表会は3/1(木),2(金)に群馬大学(桐生キャンパス)で開催予定です!


平成29年度 第8回電気学会栃木・群馬支所合同研究発表会のご案内

【日時】
   平成30 年3 月 1日(木)13時〜3月2日(金)15時(予定)
   なお,3月1日終了後懇親会を予定しています。
【会場】
   群馬大学理工学部 桐生キャンパス 総研棟,3号館5階509教室 他(予定)
【住所】
   群馬県桐生市天神町1-5-1
【交通】
   JR桐生駅下車,約2km,東武鉄道新桐生駅下車,約5km(タクシーをご利用下さい)。駐車可(守衛所に申し出て下さい)。
【発表内容】
   電気・通信・電子・情報一般
【参加資格】
   (原則として)著者の内,少なくとも1名は電気学会会員であること。
【参加費】
   無料。ただし,研究発表会論文集は有料での販売となります。
   懇親会は有料ですが,詳細は後日ホームページに掲載します(初日の夕方を予定)。
【申込方法】
   下記のリンクからの自動登録となります。
   →参加登録&論文投稿サイト
   ユーザー登録後,事前参加登録,(発表者は論文投稿も)をお願いします。
   なお,論文件数に関し,100件程度の制限を設ける予定です。
【申込締切】
   平成30年1月19日(金)
【原稿締切】
   平成30年2月 2日(金)
【原稿書式および提出方法】
   電気学会研究会原稿書式に準じますが,英文アブストラクトは不要です。
   原稿は4ページ以下として,1 ,2ページ論文も歓迎します。
   原稿はpdfファイルで下記の論文投稿サイトから投稿ねがいます。
   なお,原稿は白黒印刷されますのでご注意ください。
【参加登録&論文投稿サイト】
   →参加登録&論文投稿サイト
    
 ■参加登録と論文投稿の流れ
  (参加登録者&発表者)
   1.「ユーザー登録」
   2.「登録情報の修正」→所属などの情報を入力
   3.「事前参加登録」
  (さらに発表者は以下もお願いします)
   4.「登録論文」→ 題目,著者,要旨の入力(期限1/19まで)
   5.「登録論文」→ 論文のPDFをアップロード(2/2まで)
    # 登録内容は締切期日まで修正可能です。

【表彰】
   優秀な発表者に優秀発表賞を授与します。
【連絡先】
   〒376-8515
   群馬県桐生市天神町1-5-1
   群馬大学理工学研究院電子情報部門 橋本誠司
   E-mail: hashimotos(at)gunma-u.ac.jp   at → @
【主催】
   電気学会東京支部栃木支所・群馬支所

電気電子情報関連研究者のための産業応用分野学術交流ワークショップのご案内

(会期)
   平成29年12月8日(金)〜 9日(土)
(会場)
   群馬大学伊香保研修所
   (〒377-0102 渋川市伊香保町伊香保字香湯14-1)
(交流形式) 
  講演会,口述発表,情報交換,懇親会など
(主旨)
 電気学会東京支部群馬支所では,平成29年度のワークショップの参加者を募集しております。電気電子情報の応用を目的とする,様々なバックグラウンドをもつ研究者が参加可能です。
 本ワークショップの目的は「多様な考え方に触れ,複眼的に問題を捉え,分野融合的な視点を持つこと」,「幅広い分野に仲間を持つこと」,「交流を元に将来的な共同研究への発展可能性を探索すること」などを目的として開催します。
(概要)
 【ワークショップ名】 1st IAOワークショップ
 【日時】 2017年12月8日(金) 15:00 〜 9日(土)9:00
 【場所】 群馬大学伊香保研修所(〒377-0102 渋川市伊香保町伊香保字香湯14-1)
 【形式】 講演会,口述発表,情報交換,懇親会
 【参加費】 2,000円(懇親会費)
 【募集期間】 2017年9月1日〜11月10日
 【その他】 テーマ・分野不問。既発表内容可能。アカデミック教員のみならず,社会人,ポスドクの発表も大歓迎です。ただし,宿泊施設の関係上、人数上限は25名です。定員に達し次第,締め切らせていただきます。
(申込方法)
 参加希望者は,11月10日(金)までに下記の返信情報を橋本までE-mailにてご連絡下さい。
 @参加者氏名 A勤務先 B電話番号(及びFax番号) C交通手段
(申込・お問い合わせ先)
  群馬支所幹事 群馬大学理工学府電子情報部門 橋本誠司
  FAX 0277-30-1741
  E-mail: hashimotos(at)gunma-u.ac.jp   at → @
(交通案内)
  群馬大学伊香保研修所(周辺マップ)
 【JR高崎駅から伊香保研修所までのアクセス】
  (上越新幹線)JR高崎駅→(JR上越線25分)→JR渋川駅→(関越交通バス25分)→伊香保温泉
  (伊香保バスターミナルの次の「伊香保温泉」で下車後,研修所まで徒歩5分)
  バス時刻表: 渋川駅→伊香保温泉伊香保温泉→渋川駅
(主催)
   電気学会東京支部群馬支所


電気学会東京支部群馬支所見学会のお知らせ

【日時】
   平成29年9月27日(水)
   8時(桐生キャンパス発)〜20時頃(桐生キャンパス着)
【見学場所】
   東京電力ホールディングス 柏崎刈羽原子力発電所
   (新潟県柏崎市青山町16-46)
【見学内容】 
  柏崎刈羽原子力発電所は,新潟県柏崎市と刈羽村にまたがる敷地に立地し,総出力821万2千kWを有する世界最大の原子力発電所であり,首都圏で使われる電気の約2割に相当する。本見学では,原子力発電の仕組みから福島第一原子力発電所の事故を踏まえ再稼働に向けた安全対策の実施状況,および管理区域を含む原子炉(6号機,7号機)を中心とした設備,発電機・タービン,原子炉オペレーティングフロア,中央制御室などを見学予定である。
【スケジュール】
   8時 群馬大学桐生キャンパス出発(大型バスで移動)
    (休憩:赤城SA,越後川口SA)
   12時 昼食(柏崎市海鮮レストラン とみ屋)
   13時 東京電力柏崎刈羽原子力発電所見学
   16時 東京電力柏崎刈羽原子力発電所出発
    (経由地:柏崎鮮魚センター,休憩:越後湯沢SA,赤城高原SA)
   20時頃 群馬大学桐生キャンパス到着
【対象】
   学生および教職員
【定員】
   30名(先着順)
【集合】
   群馬大学桐生キャンパス。
   集合場所及び時間等の詳細は参加者に別途連絡します。
【参加費】
   無料(ただし昼食1,500円(税込)は自己負担)
【申込方法】
   参加希望者は,9月5日(火)までに下記の返信情報を橋本までE-mailにてご連絡下さい。
【申込・お問い合わせ先】
   群馬支所幹事 群馬大学理工学府電子情報部門 橋本誠司
   FAX 0277-30-1741
   E-mail: hashimotos(at)gunma-u.ac.jp   at → @
【主催】
   電気学会東京支部群馬支所



電気学会東京支部群馬支所講演会のお知らせ

講演会4

日時  : 平成30年1月19日(金)16:00〜17:30
場所  : 群馬大学 理工学部 3号館5階509教室
      (群馬県桐生市天神町 1-5-1)
演題  : 医療機器の開発から事業化に向けての難しさ
     −体内植込み型補助人工心臓開発の経験から−

講師  : 金箱 秀樹 氏 (Cardinal Health Japan合同会社 薬事信頼性保証部 部長)

対象  : 電気学会会員及び学生、教職員
参加費 : 無料
交通  : JR桐生駅下車、約2km、東武鉄道新桐生駅下車、約5km
      (タクシーをご利用下さい)。駐車可(守衛所に申し出て下さい)。
主催  : 群馬支所
申込方法: 参加を希望される方は、1月12日(金)までに以下の内容について
      E-mailまたはファックスにて下記申込先までご連絡下さい。
       @参加者氏名 A勤務先 B電話番号(及びFax番号) C交通手段
申込先 : 群馬支所幹事 群馬大学理工学府電子情報部門 橋本誠司
       FAX 0277-30-1741
       E-mail: hashimotos(at)gunma-u.ac.jp   at → @

講演概要
体内植込み型で、かつ能動型生命維持医療機器である体内植込み型補助人工心臓の開発から事業化までの道のりをご紹介いたします。また、その経験を通じて医療機器の事業化の難しさ、特に異業種からの参入の難しさについてお話し、製品の研究開発以外に事業化のためにあらかじめ準備しておかなければならない事柄について解説いたします。

講演会3

日時  : 平成29年12月7日(木)13:00〜14:20
場所  : 前橋工科大学 1号館 141教室
      (群馬県前橋市上佐鳥町460番地1)
演題  : 新構造圧電センサAYA-Pの開発とその応用
講師  : 石黒 隆 氏 (太陽誘電株式会社 機能デバイス開発部 工学博士)

対象  : 電気学会会員及び学生、教職員
参加費 : 無料
交通  : JR前橋駅下車,南方へ約3km。タクシー、またはバスをご利用下さい。
       バスはJR前橋駅北口から出ています。4番バス乗り場から下川団地・玉
       村町役場行き(永井バス)にご乗車になり「前橋工科大前」で下車してく
       ださい。片道料金は200円です。乗車時間は約15分です。お車でお越
       しになる場合は、大学の駐車場をご利用ください。
主催  : 群馬支所
協賛  : NPO Wireless Brain Network
      前橋工科大学工学部システム生体工学科
申込方法: 参加を希望される方は,平成29年11月24日(金)までに以下の内容について
      E-mail,ファックスまたは電話で下記申込先までご連絡下さい。
       @参加者氏名 A勤務先 B電話番号(及びFax番号) C交通手段
申込先 : 前橋工科大学工学部システム生体工学科 小田垣雅人
       FAX 027-265-7337  TEL: 027-265-0111(代表)
       E-mail: odagaki(at)maebashi-it.ac.jp   at → @

講演概要
AYA-Pとは、太陽誘電の素材技術を元に開発した超高感度圧電素子を活用し、これを回路技術とソフトウエア技術でインテリジェント化した高性能かつ超低消費電力な速度検出型の超小型圧電振動センサモジュールである。検出感度は従来の圧電センサ比100倍以上であり、生命体・非生命体が発する0.1-40Hzのさまざまな低周波極超微小振動を超高感度に検出でき、脈波測定の概念を一変するデバイスとなりうるものである。

講演会2

下記の講演会は台風のため延期いたしました!
日時  : 平成29年10月23日(月)12:40〜14:10 → 平成29年11月27日(月)12:40〜14:10
場所  : 群馬大学 理工学部 3号館5階509教室
       (群馬県桐生市天神町 1-5-1)
演題  : トヨタ自動車のパートナーロボット
講師  : 奥松 美宏 氏 (トヨタ自動車株式会社 パートナーロボット部 基盤技術開発室 共通要素グループ 主任)

対象  : 電気学会会員及び学生、教職員
参加費 : 無料
交通  : JR桐生駅下車、約2km、東武鉄道新桐生駅下車、約5km
        (タクシーをご利用下さい)。駐車可(守衛所に申し出て下さい)。
主催  : 群馬支所
申込方法: 参加を希望される方は、11月17日(金)までに以下の内容につ
      いて、E-mail、ファックスにて下記申込先までご連絡下さい。
       @参加者氏名 A勤務先 B電話番号(及びFax番号) C交通手段
申込先 : 群馬支所幹事 群馬大学理工学府電子情報部門 橋本誠司
       FAX 0277-30-1741
       E-mail: hashimotos(at)gunma-u.ac.jp   at → @

講演概要
トヨタ自動車では「もっとよい社会」をロボット技術で実現することを目標にしています。パートナーロボットは人のパートナーとして人をサポートする「人との共生」を目指すロボットです。その実現ためには従来とは違う新たな技術が必要になり、人と同じ環境で人と同じ動作ができなくてはいけません。 また、何等かの問題が起きたときにそれを回避するための安全性も必要です。これらを実現するための様々な技術開発について紹介します。

講演会1

日時  : 平成29年7月24日(月)10:20〜11:50
場所  : 群馬大学 理工学部 総合研究棟402教室
       (群馬県桐生市天神町 1-5-1)
演題  : "DC Microgrid - a SEL approach"
講師  : Jiang Wei氏 (Ph.D., Associate Professor, Department of Electrical Engineering, Yangzhou University)

対象  : 電気学会会員及び学生、教職員
参加費 : 無料
交通  : JR桐生駅下車、約2km、東武鉄道新桐生駅下車、約5km
        (タクシーをご利用下さい)。駐車可(守衛所に申し出て下さい)。
主催  : 群馬支所
申込方法: 参加を希望される方は、7月21日(金)までに以下の内容につ
      いて、E-mail、ファックスにて下記申込先までご連絡下さい。
       @参加者氏名 A勤務先 B電話番号(及びFax番号) C交通手段
申込先 : 群馬支所幹事 群馬大学理工学府電子情報部門 橋本誠司
       FAX 0277-30-1741
       E-mail: hashimotos(at)gunma-u.ac.jp   at → @

講演概要
DC micro-grid enables simplified integration of renewable energy sources and energy storages, improvement of energy efficiency and advanced load management. As a new form of distribution technology, DC micro-grid is getting a lot of attentions from academia and industry nowadays. In this presentation, we will introduce our research around DC micro-grids in Smart Energy Laboratory (SEL) in Yangzhou University, which covers
1. DC micro-grid technology, introduction, benefit and challenges
2. Selected enabling technologies in DC micro-grids, multi-port power converters, modular converter for PV, air-coupled bidirectional converter for vehicle-dc grid integration
3. Other relevant research in SEL


これまでの活動を紹介

 <合同研究発表会>   <見学会>   <講演会>



一般社団法人電気学会東京支部群馬支所 幹事 橋本誠司
    E-mail:hashimotos(at)gunma-u.ac.jp     (at)→@
    TEL&FAX:0277-30-1741
    群馬県桐生市天神町1−5−1