The Institute of Electrical Engineers of Japan
電気学会東京支部 群馬支所
last update 2021.2.2

2020年度栃木・群馬支所合同研究発表会案内
2020年度講演会案内

群馬支所概要

2020年度の栃木・群馬支所合同研究発表会は3/1(月),2(火)にオンラインで開催です!


2020年度 第11回電気学会栃木・群馬支所合同研究発表会のご案内

日時   : 2021年3月1日(月)〜2日(火)
開催形式 : Zoomによるオンライン形式(発表10分,質疑応答4分)
発表分野 : 広く電気に関わる分野
発表時間 : 発表時間10分,質疑応答4分
参加資格 : 著者の内少なくとも1名は電気学会会員であること。
参加費  : 無料
申込方法 : こちらのマニュアルに従って申込み下さい。(クリック)
       申込先はこちら。(クリック)
申込期間 : 2020年12月21(月)〜2021年2月1(月)
原稿提出 : プログラム公開後(2月10日頃)〜2021年2月15(月)
主催   : 電気学会東京支部栃木支所・群馬支所

  ※ 表彰優秀な発表者に優秀発表賞を授与します

  ※ 詳細・最新情報は栃木支所HPをご覧ください。(クリック)



電気学会東京支部群馬支所講演会のお知らせ

講演会1
日時  : 2020年10月19日(月)10:30〜11:50
場所  : オンラインによる開催(事前申込が必要です)
演題  : "Total Artificial Hearts: Past, Present, and Emerging Technologies"
講師  : Nicholas Greatrex(Ph.D, Senior Electrical Engineer, BiVACOR Inc.)
対象  : 電気学会会員及び学生,教職員
参加費 : 無料
主催  : 電気学会東京支部群馬支所
申込方法: 以下の連絡先にメールで参加希望の連絡をしてください。Zoomミーティングの情報をお送りします。

      群馬大学理工学部 栗田伸幸
        E-mail: nkurita(at)gunma-u.ac.jp
        # 上記の(at)は@に変更してご入力ください

【概要】
Abstract: It has been a goal of clinicians and engineers since the 1960’s to develop a long-term mechanical heart replacement. While significant progress has been made with the application of rotary blood pump technology to ventricular assist devices, the total artificial heart devices available to patients still utilize pulsatile pump technology. However, several devices are under development which look to apply rotary blood pumps to the field of artificial hearts. The BiVACOR device is one such total artificial heart that utilizes rotary blood pump technology with a single MAGLEV rotor design to provide a long-term replacement for a failing heart. Through a design focused on reliability, hemocompatibility, physiological interaction, and anatomical fit, the BiVACOR device seeks to reduce risk and adverse events associated with current mechanical circulatory support therapy. This presentation will provide an overview of the development history, technological features, and possible future functionalities of the BiVACOR total artificial heart device.

Biography: Dr. Nicholas Greatrex completed bachelor’s degrees in both engineering (electrical and computer) and applied science (Mathematics) at Queensland University of Technology in Brisbane, Australia. His PhD on the topic of artificial heart development, also from Queensland University of Technology, led him to work at institutes in Australia, Germany, and the US on the topics relating mechanical circulatory support. Since 2015 he has worked for BiVACOR inc. on the development of magnetic levitation and electronics systems for a rotary pump total artificial heart.


講演会2
日時  : 2020年10月26日(月)10:30〜11:50
場所  : オンラインによる開催(事前申込が必要です)
演題  : "Miniature Axial Flow Blood Pump: Hydraulic Development & Design"
講師  : Alex Smith(Ph.D, Chief Technology Officer, TYBR Health)
対象  : 電気学会会員及び学生,教職員
参加費 : 無料
主催  : 電気学会東京支部群馬支所
申込方法: 以下の連絡先にメールで参加希望の連絡をしてください。Zoomミーティングの情報をお送りします。

      群馬大学理工学部 栗田伸幸
        E-mail: nkurita(at)gunma-u.ac.jp
        # 上記の(at)は@に変更してご入力ください

【概要】
Abstract: Heart failure is a devastating disease that affects approximately 6.5 million Americans age 20 and older. Nationwide, that represents more than $20 billion in medical costs. Left ventricular assist devices (LVADs) have been developed since the 1960s and have been accepted by clinicians as a useful therapy. There have been patients who experience remission from heart failure. Unfortunately, these patients are in the minority, and most still end up needing a donor heart within a few years of receiving their LVAD. Furthermore, it is not uncommon for patients to have adverse events that require additional treatments. There is evidence that earlier intervention can increase the probability of myocardial reconditioning and remission from heart failure. This dissertation describes early steps toward the creation of an axial flow, minimally invasive, partial support LVAD.
The first step was to define the design specifications; in this case, the specifications take the form of size constraints (diameter and length) and pressure-flow requirements. Calculations following mean line theory were completed to produce an initial pump geometry. Experimental testing found that mean line theory fails in pumps less than 1 cm in diameter when pumping viscous fluid. A set of 32 pumps was prototyped on a 3D printer and evaluated experimentally under steady-state conditions to characterize their hydraulic performance.Based on the 32 pumps tested, 2 designs were selected for in vitro hemodynamic evaluation. This mock circulatory loop experiment found that a pump that exhibits a small change in flow for a large change in pressure works better with the failing left ventricle when implanted from the left atrium to the arterial circulation than a pump that exhibits a large change in flow for a small change in pressure.
An acute animal study was conducted to demonstrate proof-of-concept in vivo. The pump was manufactured and implanted surgically in a bovine model. Fluoroscopic imaging proved that the pump was producing flow from the left atrium to the carotid artery.
In conclusion, a partial support LVAD is being developed through a combination of steady-state and pulsatile in vitro testing in addition to in vivo experiments in a bovine model.

Biography: Alex Smith is the Chief Technology Officer of TYBR Health, a regenerative medicine company setting out to prevent postoperative adhesions. By training, he is a mechanical engineer who holds a B.Sc. and M.Eng. in Biomedical Engineering from Texas A&M University and a PhD in Mechanical Engineering from University of Houston and the Texas Heart Institute. He previously created a new ported graft to enable reliable and consistent hemodialysis access for Scepter Medical Devices. At the Texas Heart Institute, he also designed a minimally invasive partial support left ventricular assist device to treat early-stage heart failure.


講演会3
日時  : 2020年12月17日(木)13:00〜14:20
場所  : オンラインによる開催(事前申込が必要です)
演題  : "AEDの開発とデータ活用"
講師  : 伊藤 寛知 氏 (日本光電工業株式会社・技術開発本部 医療機器技術開発部)
対象  : 電気学会会員及び学生,教職員
参加費 : 無料
主催  : 電気学会東京支部群馬支所
共催  : 前橋工科大学工学部システム生体工学科,NPO法人 Wireless Brain Network

申込方法: 以下の連絡先にメールをお送りください。別途,参加方法をお送りします。

      前橋工科大学工学部システム生体工学科 小田垣雅人
        E-mail: odagaki(at)maebashi-it.ac.jp
        # 上記の(at)は@に変更してご入力ください

【概要】
AEDは2004年に一般市民での使用が解禁されて以来広く普及されるようになり、駅や学校を始めコンビニでも設置されるようになった。日本光電工業株式会社(日本光電)は医療機器メーカであり、国内にてAEDの開発・製造・販売を行う唯一の会社である。日本光電で開発しているAEDの動作原理、特徴をはじめ、私が入社してから携わってきた開発のエピソード等を紹介する。後半ではAEDから取得できるデータの活用について紹介する。日本光電ではAED LinkageというAEDのリモート監視サービスを提供しており、日本国内だけでなく海外で販売されている日本光電製のAEDをオンラインで管理している。AEDは1日に1回セルフテストを実施し、異常が無いかを確認しており、その結果がAED Linkageへ送信されている。これらのデータ活用方法について紹介する。


講演会4
日時  : 2021年1月19日(火)14:20〜15:50
場所  : オンラインによる開催(事前申込が必要です)
演題  : "空調用電動コンプレッサのモータ制御システム開発におけるモデルベース開発事例"
講師  : 木暮 雅之 氏 (サンデン・オートモーティブコンポーネント株式会社)
対象  : 電気学会会員及び学生,教職員
      (但し、競合他社ならびに弊社が適切でないと判断したお申込者のご参加はお断りする場合がございます。あらかじめご了承ください。)
参加費 : 無料
主催  : 電気学会東京支部群馬支所

申込方法: 以下の連絡先にメールで参加希望の連絡をしてください。Zoomミーティングの情報をお送りします。

      群馬大学理工学部 橋本誠司
        E-mail: hashimotos(at)gunma-u.ac.jp
        # 上記の(at)は@に変更してご入力ください

【概要】
近年、環境問題や省エネ化の観点で電動化の需要が高まっており、空調用コンプレッサの動力源は内燃機関からモータへと置き換わっている。電動コンプレッサの次世代モデル開発にあたっては、高い品質と信頼性を保ちながら短期間で多数の自動車メーカーへ横展開できる事が喫緊の課題となっている。これらの課題を解決するため、開発工程にモデルベースデザインを適用し、開発の効率化を図った適用事例について紹介する。



これまでの活動を紹介

 <合同研究発表会>   <見学会>   <講演会>



一般社団法人電気学会東京支部群馬支所 幹事 栗田伸幸
    E-mail:nkurita(at)gunma-u.ac.jp ←(at)は@に変更してご入力ください
      群馬県桐生市天神町1−5−1